手ぬぐいの下絵の下絵をトレース

これ、トレース台。

d0166614_2341284.jpg


スイッチを入れると、中の蛍光灯が光ります。
で、
その上に、下絵用の方眼紙をおいて、
そのまた上に、本番用のケント紙をおくと。

d0166614_2365498.jpg


厚いケント紙のうえに、下絵が透けて見えて
それをなぞる。


子供のころに、こんなおもちゃを買ってもらった気がするなぁ…
アレをとっておけばよかった。
B4用のトレース台は とても高かった…

でもとても便利です。
下絵を裏にしたら
反転した方向で描ける。

そんなふうに
超アナログに描いております…

それでアウトラインだけになると
なんだかおかしいところが見えてくるので
ここでさらに微調整。
バランスが悪そうな所に
さらに新たな小人さんを誘致。
主張が強すぎな人には、ちょっと下がっていただく。
みんなに表情をつける。
すみませんね、ちょっと笑っていただけますか。

この辺で
小人さんが作っているある物を、
私たちが作るときの動作について
友人ガラス作家に確認したり。
きんちゃんご協力ありがとう。

何かを作るときの動作って
人によって違っているのは
よくあることですが
それが特殊なやり方だったら
あまりよろしくなさそうなので。


明日はいよいよ筆入れ。
ここが一番緊張。
とはいえ
日中はとんぼ玉作りながらなので
うまく予定が進めば、です。

おおむね順調。
[PR]
by acof | 2012-09-11 23:20 | 仕事のこと | Comments(0)