「ピックアップガラス作家展」のこと

以前、ご紹介させていただきましたGlass beads shop 「Jubee」さん
本日10月23日(火)から11月18日(日)まで
「ピックアップアーティスト ミニ個展」としまして、古木晶子展を
開催しております。

d0166614_127263.jpg


…ちょっとピンぼけです、スミマセン。
えーと、とんぼ玉や、ガラスのアクセサリーのほか、
コアグラスの冷酒杯なども
展示・販売しておりますので
どうぞよろしくお願いします。


ここ数日はコアグラス三昧。
といっても
コアグラスはすぐ作りだせないもので
型を用意する、パーツやモザイクやレース棒を用意する、など
いざガラスを溶かして巻きますよー、という段階まで
なかなか行きつかない。

その途中で
参考資料としてちょっと入り組んだモザイクを急遽用意せねばならなくなり
(モザイクって、金太郎飴みたいに断面に模様のある棒ですね)
またちょっとコアにガラスを巻くのがとおくなる。

それでもこういうとき
自分の仕事がずいぶん迷わなくなってきたというか、早くなってきたなぁと
気がついたりするわけです。
入り組んだパーツなんて前は入念に計画を立てて気合いを入れないと
取り掛かれなかったけれど
最近は、完成図の絵を描いて、必要なパーツごとに分けて、
よっしゃこのパーツはここを中心につくりだそう ときめたら
あとは
今までのすべての仕事からの応用。


何度も何度も、失敗しながら作ることって
やっぱり大事だったのだなぁ と思うのです。
確実に一発でいいものを仕上げたい、気合い入れて
作ることも大事だけど
とにかくトライしてみて失敗することも大事なんですね。



コアグラスはまだまだ奥が深くて
私には日々が挑戦なのですが
これもきっとそういうことなのだなぁと
ひたすら作り続けるのです。
ほどよく仕上がったものにも、
イマイチで表に出すのをやめるものにも、
なんでこうなったのかな…
とひとりで検証をくりかえしながら。
[PR]
by acof | 2012-10-23 01:53 | 仕事のこと | Comments(0)