サイドビーズをつくる

さてまずはご挨拶。

「まとう彫刻 CONTEMPORARY GLASS JEWELRY」は
昨日を持ちまして無事終了いたしました。
おはこびくださった皆様ありがとうございました。
私が会場にいられたのは23,24日の2日間だけでしたが
その2日をと来てくださったお客さま、ありがとうございました。
ほんとうに、ほんとうに嬉しかったです。
いつもありがとうございます。

吹き・キルン・バーナーワーク、いろんな技法で経験の有無も様々に作られたガラスジュエリー、
作り手としても一介の・ガラスファンとしても
見ごたえのある作品展でした。

そして思うことがとても多い作品展となりました。
素材は同じガラスでも
技法が違うと、作る環境も違う。当然人とのかかわり方も違う。
ひとりで長く仕事をしている中で
薄れてしまっていた感覚や
人と仕事をする温度、のようなもの を
じわじわと取り替えす機会となりました。


今回、お初にお目にかかった皆様ーお客さまも、作家さんも、 
どうぞ今後ともよろしくおねがいします。 


**********************


んで今日は
急ぎのお仕事に
ちょいなちょいなと取り掛かり
お昼から、
ネックレス等で、メインの玉の横に足したりするサイドビーズを
つくっておりました。
体験教室や、自分のお仕事で使います。

d0166614_18231342.jpg


2mmの芯棒にちまちまちまちま、
中央側から先端側に向けて、一周ずつ巻き続けて行きます。
これは、富山の「蜻蛉玉丙午」さんの、林裕子さんのワークショップで
教えていただいたつくりかたです。
おしえていただいたときはもっと間があいていました。
そして先端まで巻くと取れなくなるよーとも教えていただきました。
すべてきれいに確実に作るためです。

あれから10年弱
あまりに淡々とした作業の末に
「一本の棒に何個巻けるか」 という
自分への挑戦が始まってしまっております。

1mmも隙間をあけず先端までギッチリつくる。
となりの玉にひっついちゃうこともあります。
でも頑張る。
はぁはぁします。
今回の最高は18個。
今までの最高は21個。でもこのうち3つくらい割れた気がする。

自分との闘いです…。

なにをやっとるんだ…。




ブログランキング参加しています。
ぽちっとしていただけたら嬉しさのあまり
30個くらいまで巻けるような気もしますが、それだけ分離型剤がぬれない気もします…

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]
by acof | 2013-03-28 18:35 | 仕事のこと | Comments(0)