ストーブのたのしみ

大変お世話になっている方のお話ですが
娘さんに
「なぜおかあさんと結婚したの?」と聞かれて
(「どこが好きになったの?だったかな?)
「おいもを焼くのが上手だったから。猫に話しかけると必ずニャーと返事をするから。」
と答えられたそうです。

このお話がすごく好きです。
おかあさんはあったかくて特別なちからをもってる感じがする。

d0166614_21184214.jpg

あいかわらず写真がおかしなことになっています。
(もうどうにもならないのです・・・原因不明)
及ばずながら、わたしの焼き芋もそこそこおいしいはず。
d0166614_2119755.jpg

ひっひっひ。

この日のために「とみつ金時」を用意しました。
福井県あわら市出身のあっまーいホクホクのお芋です。
お芋を濡らした新聞紙で包んで、それからホイルにくるんで焼きます。
仕事に夢中になって放置しても焦がしつかない。
そしてすぐに食べてはいけない。
焼けたものは、タオルにくるんでゆっくり休ませて甘さを引き出すのです。
この5年の工房でのひとり仕事で到達した境地…。


冬の仕事にはストーブが出動しています。
やっぱりストーブは最高。
できれば夕食の一品も作りたいくらい。洗濯物も干したいくらい。
直火用のホットサンドメーカーとかあったらもっと楽しいかな。
……おお、いいことを思いついてしまった。買おうかな。

徐冷剤を温めたりもします。
冬の朝の徐冷剤は冷え切っていますからね。


寒くて何をするにもおっくうになりがちですが
冬には冬の楽しみがありますね。
季節の楽しみを味わいながら、今年もじっくり炎に向かいたいと思います。
積もった雪を、曇りガラス越しに時々見ながら
とんぼ玉つくるのもなかなかの楽しみです。

と、ここで、
d0166614_21484399.jpg

唐突にとんぼ玉の写真…
おいもの写真だけではなんなので…ハハハ


ブログ更新しています。
ぽちっとしてくださったらはげみになります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]
by acof | 2013-11-20 22:02 | 仕事のこと | Comments(0)