ふたもの

去年作って、
諸事情重なってそのまま
お蔵にしていたコアガラスの蓋物。

d0166614_19442041.jpg

Photo / Masatoshi Soga

春の金沢、華やかで豪奢な蓋物を作りたいと思ったんでした。
金沢は東茶屋の、赤いべんがら格子の向こう、
お大尽を相手に、お座敷をつとめる芸妓さんの、
そのまた後ろの床の間に飾られている、
そんな感じだったんじゃないでしょうか(おぼろげ)。

コアガラス道ははるか長くて遠い。
会心の出来だ、いや、もっとこうできるんじゃないか、の繰り返しです。

世の中に絶えてコアガラスのなかりせば 私の心はのどけからまし 。
コアガラスなんてなけりゃ心ものどかで平和なのになー
と言ってみても、
そう思うのも結局は、コアグラスが好きで仕方がないからなのよ、
追い求めてしまうのよ、
という気持ちを
在原業平の短歌をパクッて表現してみました。

ああ、
金沢のことを考えたら行きたくなってきた…年内には行こう…





ブログランキング参加しています。
ぽちっとしてくださったら
それを励みに、金沢のことを忘れてこつこつ仕事します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
[PR]
by acof | 2013-11-21 20:11 | 仕事のこと | Comments(0)