<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さて。

11月30日です。 いや もう 早いのなんの。

今日は 教室をさせていただいている公民館の受講生の皆様と

忘年会ランチでした。

おいしいものをいただいて みんなでおしゃべり。

次はどんなものをつくりたい、

こんな雰囲気の玉はどうしたらできるだろう? など。

おいしいお店の話(食べ物屋さんでなんですが)、他の習い事の話、お料理の話、などなど。

教室でのおしゃべりも楽しいですが

みなさんでおいしいものをいただきながらするおしゃべりは

また格別でした。

事情で参加できなかった方もおられて 残念ですが、また こんど、

お茶の時間を設けましょうね。


年内 この講座も あと2回です。

けがのないよう気をつけて、たのしくいいものを作りましょうね。




さて お買い物をしにより道もして帰ってきたので 今から一仕事です。

お仕事前に お茶と栗の甘納豆で一息。

栗は先日 ちょうだいした岐阜は恵那の銘菓です。

あまりの「栗」感に 少しずつたいせつにいただいていましたが 本日分で最後です。

おいしいーーーーーーーー。 

友人が、先日お菓子談義で花が咲いた時、

「旬の素材でつくったお菓子はいちばんおいしいわ!

 その季節でないと食べられないのって贅沢でおしいもん」
 
と 熱く語ってくれました。

本当にそうね、ちゃーちゃん。 大好きです。


 
11月30日 晩秋といえるのも、今日までかもしれませんね。いや、きょうまでですね。

明日からは 師走。

年末です。
[PR]
先日 岐阜県は関ヶ原にいってきました。

みなさんごぞんじの天下分け目の古戦場です。


d0166614_1033286.jpg





快晴です。風はつめたかったけど 日差しは暖かく、
絶好の関ヶ原日和(?)でした。
関ヶ原には とんと詳しくないですが…いや、たいがい詳しくないんですが…
資料館にいったり、関ヶ原に点在する武将の陣の跡地をてくてくお散歩しながら散策し、
立て看板の説明などをよむにつけ
興味がむくむくと。

資料館は西軍東軍、反応(寝返った)軍の武将の経歴等の簡単な説明と合戦当時の年齢が
掲げられてありました。
その一つ一つを丁寧によみました。

その戦いにかかわった人の数だけ大義があり正義があり
時代の渦の中で
「英雄」になった人にも 「敗者」になった人も 「裏切り者」になった人にも
“その後の人生”(たとえ切腹であっても)があったのだ というのは
なかなか感慨ぶかいものがありました。
戦がおわっても
人生は続くのです。その人が死んだ後にも。 

学校で学ぶ歴史は 出来事を切り取ってカードを並べるようなもので
とにかくそうだったんだ、と丸覚えした部分はたくさんあります。
けれど結局は
人と人の摩擦や交流の積み重ねなのだ
今の混沌も古人の混沌も、同じなのだ
ということを感じるた旅でした。


武将キャラ人気の昨今ですが
今の混沌とした時代も400年くらいしたら
別次元の話として遊ばれて
「鳩山萌え」がいたり「れんほうコス」にもえたりする御仁が現れるのでしょうか。
…なさそうですが
そんな平和でまったりした日本の未来がおとずれますよう、
政治家の皆様にもがんばっていただきたいですわね。 
わたしも日本の大人として身を正していかねば といっておこう。



とかいって
うーん 来年あたり武将コスプレに燃えてたりして。

 …しませんよ しませんたら はははは…。


d0166614_1048139.jpg





帰りに、
おいしい栗のおかしをたくさんいただきました。
しあわせに いただいております。
ほくほくしておいしい~~
[PR]
今日は二十四節気の小寒でございます。

雪もそろそろちらつく頃、ということですが、ちょっとだけあったかい11月22日です。

あと いい夫婦の日ですね。 


昨日お客様に、京都のおみやげをいただきました。


d0166614_10112284.jpg





「まいこちゃんぼんぼん」

シンプルで美しい箱を開けると…


d0166614_10233125.jpg




かわいい!!

ぽっくりや おきものをかたどったものや もみじをあしらったもの…。

カリカリ・シャクシャクした薄いお砂糖の中には 日本酒が。
 
大切に たいせつに まずは一個いただきました。

ありがとうございます。ごちそうさまでした。


まさに「京都のプロ」な方で 私などがいままで見たことのない

おししくて見目麗しい京都のおみやげを いただきます。

巡られた寺院などのその季節ごとの風景写真を見せていただきながら

その季節ごとのおいしいお菓子をつまみつつ

どんなところか、そこでどんなハプニングがあったかなど 

お話を伺うのが

さいきんの私の京都小旅行です。

その道に精通された方から、自分の知らないことを伺うのは、とても興味深くて楽しいのです。


今日は終日 事務仕事とPCにむかって書き仕事です。

お茶の時間に また 「まいこちゃんぼんぼん」 いただきますね。
[PR]
ごぶさたしております。 こんげや こと 古木です。

すっかりお寒くなりました。

晩秋であり初冬でありますが

わがまち三国は港町 かに漁の解禁がはじまった11月6日から、毎年きっちりかっきり冬でございます。


曇天の多い福井県ですが それでもぽっかり青空の良い日はあります。 

冷たいかぜが吹くたび あおい空をバックに

裏の林から黄色く色ずいた葉が 

くるくるとまわりながら次から次へと空いっぱいに落ちてきます。

日光を受けて きらきらひかりながら。

あまりにはかなくも きれいで 胸がドキドキします。


さて 

ギャルリ・オノマトペの御案内です。

さて、12月4.5日のオノマトペは 「きらきら」 です。

富山のプリザーブドフラワーの作家 ふかち工房さんをお招きしての

プリザーブドフラワー と 古木晶子のおはなモチーフのとんぼ玉作品展です。

プリザーブドフラワー、枯れないお花です。

より生花に近い状態で、色あいも新しい命を吹き込まれた お花によりアレジメント。

ふかち工房さんは、富山を中心に 名古屋・大阪等で作品展やワークショップを

展開されている作家さんです。

わたくし古木の友人でもあります。

たくさん笑ってたくさん食べるたいへん気持ちの良いかたです。


こんかいの企画はこれ!!

d0166614_11242657.jpg




クリスマスリースのワークショップを開催します!!

このみっちり感! 素敵です。

しかも、あしらっているお花(アジサイ)と木の実は、

参加者本人がそれぞれ何種類の中から選んでいただけるのです。

ワークショップでありながら、自分オリジナルの作品がつくられるというたのしさです。

参加費は材料費込みで2500円(約2時間) このボリュームでこの価格はおかなりお得です。

4日.5日両日とも13時からの予定です。 

要予約なので、参加希望の方は

非公開コメントにしてお名前とご連絡先をいただけたら、と思います。

私または田中に直接御連絡先くださっても大丈夫です。


なお、とんぼだま教室はお休みさせていただきます。


色合いによっては お正月用のリースにも イベントを問わず 秋から冬の間

玄関を飾るリースにもなりますね。

参加者様しだいです!!


私も参加します。ブリザーブドフラワー初体験です。

あ、男性の方ももちろんご参加くださいね! 

私は不器用だからだめよ という方もです!!

先入観はいけません 新しいことに挑戦してたら案外すばらしい才能が開花するかも…

ということはなくても、新しい楽しさにはであえるとおもいます。
[PR]