<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

さて。

すっかりすずしくなったので
先日チョコレートコスモスの鉢を購入しました。

チョコレートコスモスは
その名の通り、チョコレート色をしたコスモスです。
ほんのり甘い香りがするといいますが…どうでしょう? 私は未確認です。

可憐なピンクや白のコスモスと違って
こげ茶色のコスモスは とてもしぶいというか、大人のいろです。
薄紅の秋桜が秋の日の…の歌にはなにもかもが似合いません。

余談ですが「秋桜」とかいてコスモスていうのは
さだまさしさんが作詞作曲したあの歌がヒットして以降だそうですね。
へぇー。


かねてから育てたかったチョココスは、
いつものコスモスにくらべたら幾分繊細だそうで、
この灼熱ベランダでは枯らしてしまう。。。とおよびごしでしたが、
近々引っ越すことになっており、
(※工房所在地はかわりませんよ)
思い切って購入してみました。


秋晴れの空を背に、チョコレート色のつぼみの先にとんぼがとまっているのが、
涼しい風にふうらふうらと揺れるのは、
ずっとながめていたいような秋の風景です。
こ、こんどこそ枯らさぬようにせねばな…。
[PR]

  あんずよ
  花着け
  地ぞ早《は》やに輝やけ
  あんずよ花着け
  あんずよ燃えよ

室生犀星 「小景異情」より。



某所でもこんな話をしましたが、ここでも。
たまには家族の話です。
あ、犀星はとんと関係ありません。



姪が生まれた年、
私の両親(つまり姪にとってはじーさんばーさん)が、
彼女の名前にちなんで
「あんず」の樹を植えたのが、

10年を超えたこの夏
はじめてあんずは実をつけました。

熟していくのを心待ちに
日々「わくわくっ」って感じであんずを見守る我が父。
あんずよ燃えよ ってなもんです。
この夏私は何度父から「あんずがなかなかあかくならなくて」と
きいたでしょうか。


それが実際、なかなかいろづかない。



で、昨日、しびれをきらして
もぎ取ったあんずが、コチラ。


d0166614_2248899.jpg





カリンじゃん。




いやー わらいました。爆笑です。
いっこうに認めようとしない母に、ネットで
あんずとかりんの実の断面とたねを検索し、
これがいかに「かりん」であるか と説明したわたくし。


とはいえ くしくも あんずの種もかりんも
喉に良いとされます。
10年目に知る新事実。

わかりきっている と思っていること、みなさんありませんか?
以外にハプニングがまっているかもしれませんよ。


それにしても。あんずて。



d0166614_2255265.jpg





わははははは。
[PR]
またもや台風ですね。

みなさまのお住まいの地域はどうですか? 大丈夫ですか?



今日は朝から工房で小さいビーズ作り。
直径2mmの芯棒に、ガラスをとかしながら少しずつ何個ずつか巻いていきます。


こつこつ こつこつ。 こつこつ こつこつ。

たまに頭をあげ、窓の外をながめると
お向かいの畑のあおいかりんの実(おそらく)が、
風雨におおきく揺れています。
その向こうでは九頭竜川が茶色く濁って轟々と流れていきます。



午後からは階上の自室で書類整理や描き物など。

たまに頭をあげ、窓のそとをながめると
裏山の木々が左右におおきく体をゆらし
とんびが風雨にあおられながら、ホバリング。


粛々とした一日をすごしました。


今年はことさら天災に見舞われるようです。
自然といきるとはどういうことだろうか と
今まで以上に考える一年です。
[PR]
d0166614_13564556.jpg

d0166614_13564553.jpg

丹南産業フェア2011 に出店していますよ。
サンドーム福井の天井はをまじまじと見てみたり。

サンドーム福井の屋根を見るたび、
ベルギーワッフルが食べたくなるのは私だけでしょうか。



さておき 明日は私はいませんが、明後日までやってますよ。
イロイロなブースがあって楽しそうです。
みなさま、ぜひぜひ。
[PR]
今日も暑かったですね。
ちょっと涼しい日が続いたわねー などと思っていたらこの調子です、暑い!!

この夏、県外への出張が多かったこともあり
ベランダの鉢植えをことごとく枯らしてしまいました…
ブルーベリーも各種ハーブも、花々も。
ほんとうにかわいそうなことをしました。
オリーブとインドアグリーンにしていたがじゅまるの樹だけが残った。
そう、あと、多肉植物たちも。

しかし出張の多いベランダガーデナーはこの季節 どうしておられるのでしょう?
出張がおおくなくても、炎天下に数日家を空ける方々はどうしておられるのでしょう。

今日は意を決して
育てて3年のクワズイモを処分しました。
東京に行っていた8日間、室内の日陰に置いておいたら
縦に伸びすぎて自分の体を支えられなくなり、
倒れて茎が折れ、根元も痩せ、
今日まで様子を見ていたのですが あきらめざるをえませんでした。

枯れた植物を処分する時は
ふがいない自分を情けなく思ったり
なんだか物言わぬ命に申し訳くなったりします。

でも また、育てずにはいられないのですが。


もうすこし暑さがおちついたら、
お花屋さんを覗きたいと思います。



今日からはじまりました「Coniglia」(コニーリャ)さんでの個展にも、
コアグラスでつくった小さな多肉植物用の豆鉢、あります。

d0166614_21474436.jpg




メキシカンな色合いをイメージしてみました。
小さい豆鉢は、すぐに水を切らすので
乾燥第一の多肉植物を植えています。

富山の作家・林裕子さんに、ワークショップで教えていただいた豆鉢
なんとか人さまの前にだせる形になったのではないかと。
多肉植物好きの自分用にちいさくちいさくつくってきましたが
なかなか憎らしいくらいのかわいらしいサイズと多肉植物とのマッチングですよ
と 自画自賛。

アクセサリー類が少々少なめでしたので
明日にでも補充したいと思います。
[PR]
あ!
ども ふるきです。


本屋さんに立ち寄ったとき 女子高校生たちが
「わかいいよね! かわいいよね!」って
きゃっきゃしていたのは
忌野清志朗さまの写真が表紙の本や雑誌のコーナーでした。

き きよしろうが可愛い時代がやっていたのか。
おばさんびっくり。

そんな衝撃的な
日本海に面した小さな港町にも
ひとしく夕暮れは訪れます。
この町の夕暮れはとても美しいです。
平べったい街を覆うように広がる青い空にうかぶ雲が
夕焼けの、かがやくようなオレンジにすこしずつ染まり
空の青がオレンジとのグラデーションになり
いつしか
オレンジ色から濃紺のグラデーションに染まり
夜がやってきます。

私の腕では写真には写せません。


こころふるえるような風景、
「やだーかわいい!」でカタつけてしまうにはもったいなさすぎます。



さて、それではこちらはどうでしょう?

d0166614_20271335.jpg





かわいい? かわいい??
ご好評いただいています、メダルネックレスシリーズです。

とんぼだまは、
棒にとけたガラスを、巻きつけて作りますが
これは、棒の先についた円盤の上に、ガラスを盛って作ります。
円すいのガラスの側面に模様をつけるといったかんじでしょうか。
模様を確認するために
棒を正面からのぞきこむのが
尖端恐怖症の私にはつらいのですが
とてもたのしい作業です。


写真のは(小)ですが、ひとまわり大きいサイズは
シルバーでお仕立てしております。
なかなかすてきですよ。

あすからの「Coniglia」さんに展示しております。
ぜひおこしくださいませね。
[PR]
d0166614_947293.jpg

行ったり来たりで舞い戻って富山です。

富山大和さんは今日が最終日。元気良くまいりましょう。



ゆうべは十五夜でしたね。少々蒸し暑かったですが、すっきりお月様が見えました。
[PR]
どもっ! ふるきです。
土日は故あって岐阜県におりました。
松坂牛に飛騨牛、おにく三昧でした。
普段は野菜と魚の生活なので
こんがりおにくの焼けるにおいのたまらんこと。
やわらかいお肉のおいしいこと。
堪能いたしました。

さて本日も富山大和さんでの「和(なごみ)のある暮らし展」は
続いておりますが
わたくしは福井で今週木曜日からの展示会の準備です。

ふく鉄の芦原温泉駅真裏、
生パスタとおとうふがおいしいお店
「Conglia」(コニーリャ)さんで
展示会をさせてもらいます。

写真はこれからです すみません。

とにもかくにも
このお店の生パスタは最高です。
もっちりしたパスタに自家製のあつぎりベーコン、
ほんのりみどりいろのお豆腐、
ぜひ食べていただきたいお店です。



さて
それではそろそろ準備をするとしましょう。
今日も忙しくなりそうです。

では!
[PR]
d0166614_221860.jpg

d0166614_221844.jpg

早朝、富山へと出発しましたが、
写真は途中で休んだ徳光の
サービスエリアから歩いていける砂浜と海です。
海より空の方がたくさん写ってます。
早朝の海のきもちのいいこと。

9月の海は、クラゲの海〜♪ とムーンライダーズは歌っていますが
私には9月の海はサンマの海です。

10年程前、宮城県のある砂浜で、友人が七輪でサンマを焼いてくれたのです。
太平洋の穏やかな波がきらめくのを、秋風にふかれながら眺めつつ食べた、ぴんぴんのサンマ。

人生で一番おいしかったと今も思います。
魚屋の娘ですが、断言します。
勿論新鮮キトキト(富山風表現)のサンマだったからだけでなく、
焼ける音に匂い、波の音、風の感覚、友人の笑顔、五感全てを使っていたのでしょうね。それはとても豊かで贅沢な時間とサンマでした。

あれ以来、9月の海を思うとき、私はいつも宮城の海辺できらめく波とサンマを見ています。


あの海に、あの町に、またいつか、できるだけ近く、訪れたいと思います。




目黒のサンマ祭りにもいつか行きたいですけどね。
[PR]
さて 西へ東へ、立ち止まるときは死ぬ時だの回遊魚のように
動きまわっていますが
明日からわたくし、富山大和さん6階催事場で催されます
「創作手しごと展ー和(なごみ)のある暮らし」に
参加いたします。

今回は 友人とんぼ玉作家の金子和美さんと
ふたりひと組です。
「甘雨堂」という名前での参加です。
金子さんの静謐なとんぼだまの世界も、ぜひぜひごらんくださいませ。


夜はひさしぶりに金沢で知人のお店に行きたいなぁ
友人とあって、おいしいお酒を飲みたいなぁ と
思って 企てても見たのですが
タイトな予定と、
夏の疲れが出ている最近のわたくし、
人さまにご迷惑をお掛けするような気もするので
自粛です。

金沢の大学を出たわたくし、
金沢はいわば心のふるさとですが
この一年はすいぶんごぶさたしています。
仕事では訪れてはいるのですが。
公私ともに落ち着いたらゆっくり遊びに行きたいです。 
昼は犀川沿いの風景をスケッチに
夜は知人の店に飲みに。


いつになるやら。。。


※追記※
わたくしは8~10日の16時までと
13日におります。
[PR]