<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

うるう年です。
もれなく29日がついてきます。

うるう日って、特別な感じがしますね。
過去3年は無かった1日です。
2月いっぱいでしあげますー の仕事に
一日猶予ができた喜びは大きい。
ありがとうグレゴリウス13世。
(彼がユリウス暦を改良してグレゴリオ暦を制定したそうな。
西暦はグレゴリオ暦だそうな)

ズレを補正して
しごとの遅い私を救う。
正義の味方のようなありがたいうるう日。

この晴天はまったく無駄にしてしまいましたが
今日はさらに、たのしいお話ができた1日でした。
ちがう「モノ作り」の仕事をされる方のお話ってたのしいですね。


写真はなんの脈略もないのですが。
彫金に挑戦しました。
彫金もたのしい。
餅は餅屋、と思っておりますが
一点物の作品作りには自分で彫金するというのも
のびのびと発想を形にでき…近づけて(と言い直す)、よいものです。


d0166614_233381.jpg

[PR]
d0166614_23201744.jpg




**************


先日 図書館で借りてきました。
ベルばらっておもしろいですよね。
大人になって読むとますますおもしろい。
セリフをいちいち、ヅカ風に声張って抑揚つけて(脳内で)読んでいる自分がいます。
アンドレなんて天海祐希になりきって読んでる。
そらもう立ち上がらんばかりです。

子供のころによんだ漫画って
大人になって思い出して読むと
視点(支点でもいいかもしれない)にする登場人物がかわっていたりして
自分の成長だか加齢だかに思わぬところで気が付きます。

中2のバイブル・紡木たく「ホットロード」の
かずきちゃん目線が、担任の先生目線になっていたり。

花咲アキラ「美味しんぼ」の
山岡士朗目線が、海原雄山目線になっていたり。
…これはまだ早いな。

映画「エヴァンゲリオン」の
碇シンジくん目線が、初号機目線になって…なるかっ




とおりすぎた映画 漫画 小説。
読み直すのはいいものですね。
つよいボディというか しっかりした骨組を持った作品には
あたらしい発見があるように思います。


****************


そんな日々をのつぶやきを絵でのこすのもよいかな と
思いまして、
この数日試行錯誤しました。で、こんな感じの日記です。
おもいたったら描いてみよう。
[PR]
d0166614_1156128.jpg

こりにこった点打ちも好きだけど

これくらいシンプルな玉も好き。

花のパーツを置く場所に
思いのほか悩む。


さて 午後からは打ち合わせ等々で
金沢に向かいますわよ。
21世紀美術館では今日から雑誌「オリーブ」についての展示をしています。
オリーブ!!大好きだったオリーブ!!


時間調整して絶対行こう!

知人の店にもいけたらいいんだけど、さてどうかなぁ…(段取り悪い)。


ではいってきます。
[PR]
この2月は 自宅でデスクワークが多いです。
絵を描いたり、文章を書いたり。
預かり物のお仕立てしたり。
ついでに ためていた書類や伝票類を整理したり。
確定を申告したり。

で、
一日中コーヒーをのんでいるのですが。

お気に入りのカップに、
コーヒーがしみて かすかな茶色の縦線を発見。

ひびがはいってました。


いつからだろう…。
ちょっとかなしい発見でした。


d0166614_22565255.jpg



そんなカップの在りし日の姿。
(とは言えまったく使用には問題ないのでこれからも使いますが)
九谷の伝統の図案を生かしています。
石川の九谷焼の工房あめつちさん。

ちょっと前の写真ですが
いただいたのは
岐阜名物の干し柿のなかに 
岐阜名物のくりきんとん(裏ごしした栗の茶きん絞りというか)が 入っているという 
岐阜名物の銘菓でした。

岐阜のくりきんとん 大好きで
甘柿も大好きで
駄菓子菓子(だがしかし)!!
いっしょにしちゃうなんでヒドイ!ぞんざい!! 私は別々にたべたい!
そんなおかしいおいしいわけない!
と、激しくシュプレイヒ・コールをあげていた私。
自らの心に高い城壁を築き、
新参者を激しく拒んだ私。

ほうじ茶といっしょに ぱくり。

…あっという間に陥落しました。

おいしい~!
干し柿の濃厚な甘さの末に、くりきんとんのやさしい甘さがふわあっとやってくる。
ねっとり感にほろっと感が交互にくる食感。
ふしぎなおいしさです。


今は 流通も整い、便利でスムーズでよいですね。
大変賞味期限の短い、
つまり旬の素材で繊細に作られた健康なお菓子も、 
「おくるわね」で
翌日には私たちの手元にあって 
私の目からうろこをぼたぼた落とす。

そして同時に これだけ情報にあふれ
すぐにどこでもなんでも手に入る時代でも
まだまだ知らないおいしいもの ってたくさんあるんだな!
という感慨もひとしおです。


あんがい私が
あたりまえにおもってるものや
全国民の楽しみだとおもってる季節ごとのわくわくって
ほんの小さな世界のものなのかもしれませんね。






それにしても栗と干し柿。
秋冬の限定のお菓子ですね。
季節の楽しみを またひとつふやしてくれてありがとう。

ゆく季節の思い出が
ふたたび来る季節の楽しみとなって
私を迎えてくれるでしょう。
[PR]
アンティークショップ 「sorara gallery」さんで購入したガラス。

d0166614_20213199.jpg


昭和の型吹きなのだと おもったのですが
どうでしょう。
口がまるくてきれい。
こうだいには、ざりっと削っただけ、っていうあとがある。

いつごろのなんでしょう。
どういう物語があるものでしょう。

酒屋さんのおまけ? いわゆるノベルティ?
想像する楽しみはつきませんが
直線を多用している割にやさしいフォルムに
やぼったいほどのまるくてやわらかいくちあたりは

まぁ そんなことはどうでもいいではないか

とわたしを ごろり とお行儀も悪く、一杯の冷酒にむかわせる
「ゆるさ」があります。


気合いの入ったきりっとした冷酒杯
どっしりとして さあのむか!とハリキッテしまうぐいのみ
酒器もさまざまですが
春をおもわせるようなおだやかな一日のおわりには

ゆるり とろり とした厚手のガラスが
にあうような気がします。




よるは 花々がいっそう濃く香る気がします。
花の香りをつまみに 一杯。

きょうもよい 一日をありがとう。


おやすみなさい。





…まだ寝ませんよ。

よるはこれからだっ!
[PR]
みごとに咲いております。
ヒヤシンス。

d0166614_15191671.jpg


携帯でとったのでちょっと荒いですが
ひなたぼっこ中の一枚。

くるんと反った花びらが天然パーマみたいです。
湿気が多いのね。くるくるしてかわいい。

ふとしたひょうしに よいかおりが流れてきたりするので、
おや とおもってふりちむくと、
くるくるパーマ頭のピンクと白とむらさきが
小首を傾けている。
もうっ かわいいんだから!
そんなかんじで
ヒヤシンスさんを満喫しております。
[PR]
子供の時は なんであんなに 大きいつららがほしかったんだろう…


などと
人さまの軒先にさがるつららが
今日の快晴に溶けはじめ
てらてらしているのを見上げる休日でした…


d0166614_22172731.jpg
d0166614_22175658.jpg




出雲大社 福井分院にいってきました。
気持ちいいのよい快晴。しろいハト。



おもく雪の積もった神社も美しい。
神様は空に雪に やどっているようです。
白いハトにも。…たぶん。

ばぁぁ…っ と青い空に飛び立つハトって
ジョン・ウーの映画を 思い出すなぁ。



きょうはちょっと食べ過ぎ。
胃が苦しいので寝てしまおう。
[PR]
まぁ ほんとうによくふりますこと。

今季5回目の寒波さんがやってきているそうです。
朝6時に起きた時には、車のボンネットにうっすらくらいだったのが
8時に窓を開けたらもうまっしろしろすけ。一面の銀世界ですよ。

子供のころは 春になるまで路面を見なかったように思います。
私のくらす三国町は冬もわりと温暖…というか積雪量も明らかに少ないのですが
それでもずっと白く覆われていて、
それが削れて行き、アスファルトや土がみえてくると
「わぁ春になるんだぁ!!」
とウキウキしたものです。

地球の温暖化がすすんでいるのか 
という気もしますが
実際のところ、
除雪が徹底してなされるようになったり
アスファルトなどにも工夫がされて積りにくくなったり
(一定温度がたもたれ雪がつもりにくいというアスファルトの見学をしたことがあるのです)
なんにしても技術とシステムが進んできたのでしょうね。
プロフェッショナルの皆様の努力と献身のおかげなのでしょうね。
ありがたいことです。
フツーにくらしているなかでも、
本当にたくさんの人たちの、途方もない努力の上に
私の日々はなりたっているのですね。


明日は体験教室のご予約が。
お客様のお足もとをきれいきれいに雪かきをしてお迎えしましょう。

つーか根本的にもうこれ以上つもりませんように。


ではおやすみなさいませー。
[PR]
授業をしております仁愛短大の生活科学科の、
卒業制作展 および 卒制研究発表会に行ってきました。

学生たちは卒業制作についてプレゼンし、
せんせい達は気になることがあれば質問し、感想や意見を述べる。
学生も真剣です。聞くほうも真剣。
就職活動や課題もたくさんあっただろうに頑張ったなぁ と思いつつも
こまごまと言ったり質問したりしちゃうのは
むこうが真剣にとりくんだものだろうから。
こちらも真剣にむきあわないと それは失礼です。

「はっ」とするモノも多く
本当にたのしく、わくわくする時間でした。
とんぼ玉のを生かした作品に取り組んだ学生や
教室でふれたことに興味を持って膨らませた制作をした学生がいたり
頼りなかったであろう私の授業も
何かを残せたんじゃないか 次につなげられたんじゃないかと
ひそかにホッとしています。
学生さんたちには、いい勉強をさせてもらいました。
ありがとう。
言った事は当然自分も出来ないといけないわけで
これからも精進します。はずかしいことのないようにしないとな。

そのなかでひとつ。

d0166614_2016565.jpg



天井からつるしたワイヤーの球体(写真では少ないけどもっとたくさんの球体)。
ひとが通ると揺れ、まわる。
ぶつからないようにゆっくり歩く。不意に視角からあらわれる球体に は、っとする。
足元には床までの距離や大きさやワイヤーのあみかたで
姿が違う影がゆれる。
もっと見せてほしいな って思う作品でした。

インスタ、わたしはまったくセンスが無いので
こういうのみると憧れちゃう。

でも好き。みるのは好き。




どんな仕事もやっぱり大変です。
そしてどんな仕事もやっぱり
「“こちら側”を表現して“そちら側”に伝える“何か”づくり」に変わりはないように
思うんです。
医者も事務職も工場長もセンセイも。
がんばってほしいなぁ。
いやなこともたくさんあるけど、生き抜いてほしいなぁ。
そして
何かを縫ったり描いたり、組み立てたり想像したり
そういうことを続けてほしいなぁ とおもう一日なのでした。


仁愛女子短大生活科学科卒業制作展2012「borderline」は
19日まで福井市美術館2階でやってます。
お近くの方がた、どうか、どうかよろしくお願いします。
[PR]
とんぼだまを持ち運ぶときには
これがいちばんです。

d0166614_20515054.jpg


串刺し。


展示会や、お仕立て作業の都合で持ち運ぶときには
いっこずつ包むのではなく
こういう風に芯棒にさして、全体を柔らかい布や緩衝材でくるむ。
合理的です。
みててもわれながら楽しい。




明日もさむいみたいです、週末にかけて大雪と凍結に注意してください、ですって。
土曜日は富山方面からいらっしゃるふかち工房さん(プリザーブドフラワーの作家さん)と
金沢のでうちあわせ予定なんですが…
大丈夫なのかしら。
 
冬将軍のやる気ったらないよね。
春はまだまだ先のようです。
[PR]