<   2012年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

指圧の心はー ははごころ―
押せばいのちのー 泉わく―

浪越徳治朗センセイがおっしゃっていましたね。
「おせば命の泉湧く。」
ゆっくりとのびのある言い回しでした。
なんとなく豊かな水量が
とめどなくこんこんと湧いてくる透明な泉を連想して
なんとも気持ちのいい言葉で
ふしまわしでした。


で。
なにがいいたいかというと。


今日 突然 花粉症になったようです。
もとい
何年も前から症状はうっすらありましたが
認めたら最後 ひどくなる気がして
頑なに花粉症じゃない といいつづけてきましたが。
今日はもう 逃げも隠れもできないほどに症状がでました。

鼻水ってどこからくるんでしょうね…
押せば命の泉湧く、ってなもんで
押してもないのに鼻水の泉が湧いてくる。

くしゃみなんてもう
このエネルギーで発電とかできないのか? っつーほど出る。
時に肋骨折ったり腰をぎっくりさせたりするほどの
破壊力があるというのに
無駄打ちしているようで腹立たしい! っつーほど出る!!

もう もう 隠せないの!! 嗚呼!!花粉症になったんです 私!




認めたくないものだな… としとってからの花粉症は…。

花粉症界の先輩方の不自由をおもいしる一日でした。
まだまだ症状は軽いんでしょうね 私。
ほんとうにみなさんお大事になさってください。
そして対処法 おしえてください。
恐怖です。

明日はべにふうき茶とヨーグルト(R-1希望)買ってきます。
[PR]
オノマトペに先立ちまして
明日3月30日から4月1日までの3日間
福井駅前まんなかプラザさんで
タナカマナブさんとの二人展をしております。

d0166614_22195772.jpg


福井駅前に御用の方は
福井西武さんのとなり、フルーツのウメヤさんのさらにとなりの
まんなかプラザさんに
ぜひお立ち寄りいただけたら、と思います。




なお
5月11日から1週間、こちらまんなかプラザさんでの
講師展というものに参加させていただきます。
今年で3年目。ありがたいことです。
詳しくは、また近くなりましたら。
[PR]
d0166614_21572278.jpg


陶芸家タナカマナブさんと
話をしていると
彼は 自分の仕事のみならず
地元三国のことをとても考えているのが
よくわかります。



三国で何ができるか
「三国の工芸」のために何ができるか それとあとたくさん、
4月からのオノマトペのうちあわせのなかで
今年はこういうことをしたい、と熱く話すタナカくん。

自分の仕事に真摯に向き合いながらも
そういうことに積極的に取り組む姿勢は
人間的に大きなものを感じました。


…ということを描いてみたYO!



三国スキスキ言ってるだけじゃなくって
その土地のために何ができるか
何を育てるか
何を残せるかって
考えねばならないお年頃になってきてるんだよなーと
思うアラウンドフォーティーな春の夜です。


…つーか タナカくんすまんすまんス。
[PR]
さて 4月ももうすぐ。
昨日は雪なんてふってたけど、冬来たりなば春遠からじ、
すなわち春もすぐそこに来ております。

今年は4月から始まります ギャルリ・オノマトペ。
すなわち三国町は三国湊通りに4月~12月の第一土日だけ開く
陶芸のヒト・タナカマナブと
ガラスのヒト・ふるきあきこがゆるい感じで開く
ギャラリーです。

過去2年は、田中・古木が月交代で、他のジャンルの作家さんとの作品展と
ワークショップを展開してきましたが
今年は基本二人展。
偶数月は古木・奇数月はタナカが店番をしております。
プラスときどきは作家さんをお迎えしての作品展を
やっていこうと思います。
毎回ご好評で、「かならずまた呼んで!」と
しょっちゅう言われる
プリザーブドフラワーのふかち工房さんにも
お越しいただきワークショップを開催する予定です。




そして今回の新しい試みとして
「陶ととんぼだまのワークショップに参加して
ひとつの作品をつくってもらおう」という企画など 用意してみました。

タナカキャプテンからの OKが出たのでお写真をUP。

d0166614_22475015.jpg



これは春~夏のワークショップの蚊取り線香立て。
タナカの回でうつわ
フルキの回でとんぼだま
を作って、最終的にこのように蚊取り線香立てができます。
写真のは本体に穴がたくさん空いていますが
灰が落ちるので穴は少なめがいいと思います。
とんぼだまがストッパー兼用の飾りです。
夏に涼しげな玉が可愛いと思います。

d0166614_22533926.jpg



こちらは秋~冬のワークショップのキャンドルカバー。
陶の囲いに開けた穴からもれるあかりが美しいです。
つるしたとんぼだまもかわいらしい。


もうひとつ お正月にむけての
逸品があるのですが
それはまたこんど。

ことしも来てくださる皆様の
生活をいろどるものの提供ができたらいいなと思います。
そしてたくさんの皆様との出会いがありますように。
[PR]
吉田美和さんのご結婚された方のお母さまは
りりィさんなんですね。

…とおもったら気になって CD持ってたんだけど
探せども探せども 無い。
一体どこにやってしまったんだろう。

CDなくすのって悲しい。
相当好きだったCDのケースを久々に開けたら
かつての知人の息子さんの自主制作CDと入れ替わってたときも
悲しかった…



今朝は雪のあさでした。
ちょっとびっくりです、3月も最終週だというのに!
陽がさしてきましたので
あたたかい一日だといいな。
なにはともあれ
週のはじまり月曜日!!
気を取り直していきましょう。
今日は久々にバーナーに向かえます!!
わーい さっそく仕事に向かいます。

では 今日もよい一日で!
[PR]
昨日で、3年間の
あわら市は金津町のとある公民館での
とんぼ玉講座がおわりました。

公民館の講座というのは、だいたい3年で一区切り。
おもえば3年前、
三国町の旧森田銀行(明治時代の銀行の建物です。http://www.sakai-bunka.jp/morita/)での
初めての展示会を見てくれた
以前から交流のあった前公民館館長が
「おう 古木さんか、 教室してくれま!」(福井弁。してちょうだい)と
電話をかけてくれたのがすべての始まりでした。


以前もどこかの記事で書きましたが
私も
今よりもっとかけだしでした。
ふりかえると
自分の走るスタートラインをひいたところだったとおもいます。
つたない教室であったとおもいます。
私は最初の数年をひとりきりでやって来て
しかも根本的には左利きなので(鉛筆・箸・包丁などは右ですが)
基礎のいくつかには「我流」すぎるところも多々あるようで
どうしたらやりやすいか、
ここが出来ないのはどうしてか、等々
経験の中で受講生のみなさんに、
なんとか「伝える側」に育ててもらったように思います。

なにより
人生の先輩方なので、
日々のことについてアドバイスを受けることも多々。
「掃除は毎日しなくていい。1週間しなくても特に死なない」
「スーパーの御惣菜は買っていい」
超ド修羅場の私には有り難いお言葉でした…
・・・いや、もちろんもっとこう、深みのあることもたくさん
教えていただきましたよ。
簡単おいしいお惣菜の知恵も。あはあは やだなぁ。

d0166614_104614.jpg

d0166614_1041940.jpg

d0166614_1043230.jpg

d0166614_1044881.jpg



3年間最後の教室は 作った玉でのアクセサリー作り。
4回の制作のあとに一回。この回がはいりますが
盛りあがります。

公民館の教室はどうしても時間が足りないので
パーツは私が用意しました。
がっつり自分でガラスを操るようになるための講座という訳でもないので。
慣れてきたのでテーマは特に設けずに
それを使って自由に制作。
素の玉を使って自由にアクセサリー作り。

作る楽しさ、既製品を目で分解して学ぶ楽しさ。
自分だけの工夫に試行錯誤するたのしさ。
つたえることができたかな。
そして自分のつくったものを通して
ヒトとつながる楽しさ。
公民館の講座ってこういうためにあるように思うのです。
地域のためにある というのか。



春からは自主講座として
受講生さんが企画して講座を引き続き開催してくれます。
ちょっと違ったことをしたいな。
若干の空きがあるので
また違ったメンバーが加わってくれたらそれもウレシイな。
[PR]
d0166614_04195.jpg


d0166614_044135.jpg


d0166614_05216.jpg


d0166614_053264.jpg



iPadをスマートにフリックとかして、
あやつられるおとなになりたいです。

もうどうにもなりませんが。
なにもかもが遅い気がします…。
[PR]
あかちゃんて
ていうか
にんげんてふしぎですよね。

d0166614_733931.jpg



どっからくるんだろう?
こんなかわいいおててつけて。

・・・細かいところまでよう出来とる。



友人夫婦ところにうまれたあかちゃん。
ようこそこちらの世界に。
遠いところよくきたね と言わずにいられません。

できたて~ってかんじの
きらきらしたにごりのない目にうつる世界が
美しいものであるように。
[PR]
九州たのしかったなぁ とか思いながらも
仕事の波がやってきて、
日常にもどっております。

d0166614_1851228.jpg


大宰府の梅。


d0166614_18522955.jpg


亀山社中近くの若宮稲荷神社内の龍馬像。
勤皇神社とも呼ばれたそうです。


d0166614_18591517.jpg


天岩戸神社ちかくの天安河原(あまのやすかわら)。
天照大神さまが天の岩戸へおこもり遊ばされた時に、この地に八百万の神々が集まって
相談されたそうです。
家人がうつっています。洞窟の大きさがわかるのではないかと。


d0166614_1983657.jpg


そう こちらこそが加藤清正公!熊本城での一枚です。
顔だしはNGかな? ともおもったのですが
「清正公」ですし 槍を構えたお姿がとてもカッコイイのでUPさせてくださいませ。
もちろんご一緒させての一枚もあります。
この周辺のみんなはわしを好いてくれていて、この城より高い建物は建てないのじゃ とのことでした。
かっこいいぜ清正公! そして熊本市民!!


d0166614_19212883.jpg


…ふくすけさん。
超渾身の一枚。




旅行、好きですか?
私は好きです。

ちょうどこんな季節、花が咲き始め、
夕暮れにはつめたい空気がおりてくる こんな季節になると
私はひとりでどこか遠くに行きたくなるのです。
どこまでも遠く遠くに。
糸の切れた凧のように。
タンポポの綿毛のように。

そしてほんとうに
いろんなところに行きました。
大好きなジャニス・ジョプリンの
「ME & BOBBYMcGEE」を聴きながら。時々くちずさみながら。
若いころは旅に恋するのかもしれません。





九州はとても楽しかったです。
とても気持ちの良い場所でした。
いつかまたいきたな。
そう思うと
この地に足をつけてまじめに毎日を積み重ねようと
おもうのでした。

おとなだもんね。
[PR]
ども! おひさしぶりです。

福井にかえっております。
昨日は洗濯に掃除三昧でした。
洗えども洗えどもいっこうに目減りせぬ洗濯物。

多少ひとり旅にも慣れてきて、
仕事で県外に一週間と
ぶらっと気になる土地へ3日間では
荷物の様相もかわりまして
昨今ではそりゃもう拍子抜けするほど
荷物も小さくなりました。
とはいえ今回は家人の分もあります上に
昨日の天候(一日中雨)。
洗わねばならぬが干すところが無い。
使い慣れない乾燥機を回し
ちゅんちゅん(福井弁)に熱くなったジーンズのボタンでほんのり火傷。
仕事以外での火傷って無性に痛くてへこみますね…。


本日中に新しいカメラで撮った
熊本城や熊本城や熊本城の写真をUPできたらいいな。

さぁ今日もフルスロットルでがんばります!
[PR]