<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

さて。

我が町三国町で 椿まつり2012 がはじまっています。


「椿祭り」とは
雄島という島の社殿での祭典からはじまり、
竹矢を海に向かって放ち、悪を払い安全を祈願する祭り とのことで

「椿祭り2012」は

雄島の自然の中で行われる神事「椿祭り」を象徴とし
“自然と人間の関わり”をコンセプトに
三国で活動する作家と 
雄島周辺のたくさんのカフェやギャラリーなどの様々なお店が
作品展やコラボレーションしたりするイベント

とのことで
(椿祭り2012のフライヤーを一部引用・参考にまとめました)


わたくしも参加しております。

三国町の 海のほど近く森林を背にたたずむ
「カフェ・micnic」さんにて
角 優和さん(micnicマスター)の書
竹林千保子さん(シルバージュエリーデザイナー)のジュエリー
と、三人展をさせていただいております。

d0166614_210968.jpg


かっこいいいい 「椿」の額~!!

「ツバキ」が
「椿」
「都波岐」
「海石榴」の三つで書かれています。
斜めからみるよー!

d0166614_213262.jpg



5月9日(火)の16時くらいまで やっております。




雄島周辺のカフェや料理さん、旅館さんなどでも
様々な展示をしておりますので
どうぞよろしくおねがいします。
[PR]
d0166614_18593611.jpg

椿まつり2012のこととか、
更新せねばならぬことは数多ありますが。


電車に揺られて福井駅前に向かっています。
車窓の遮光カーテンの隙間から撮った夕焼け。

電車が揺れる度、
夕日が、たんぼの向こうの家や工場や樹々の
さらに向こうに隠れたり
飛び出したり。




こんな美しい空気感に包まれながらの帰り道、
遊佐未森の「僕の森」とか
ZABADAKの「遠い音楽」とか

歌ったなぁ


と思い出にじんわりしますね。
キラキラしてるわね10代って

私の人生の10曲、中高時代はこの2曲だ…

NHKのミュージックポートレイトごっこはまだ続いています。
けっこう楽しいし、不思議と仕事がはかどる…。
[PR]
昨日の とりさん。 ぴよぴよ。

d0166614_228761.jpg


ストラップになりました。
スマホ時代到来で ストラップも出番がどんどん少なくなりそうですが
ついついつくっちゃった。
わたしはまだまだガラケーでございます。



椿まつり2012として
明後日28日から5月5日まで
三国町のカフェmicnicさんで展示させていただきます。
マスターの角さんの書と、
ジュエリーデザイナーの竹林千保子さんと
三人展です。
明日 搬入でございます。





作品の準備などしながら
とりためたTV番組みてました。
NHK「ミュージックポートレイト」、ごぞんじですか?
ゲストの二人が幼いころや青春の思い出や、転機や、支えになった10曲をお互いに紹介する番組です。
これ好きなんだー。
自分の人生の10曲 ってなんだろう?
考えながら仕事してました。
おかげで進まないのなんのって。
当分妄想できそう。
[PR]
ぴよぴよ。ぴちゅちゅ。

d0166614_21462257.jpg


幸福のあおいとりさん…の串刺し…  ひぃぃ ごめんなさい。


こうふくのあおいとりさんの玉は
なかなかの好評をいただいております。
やさしい色合い、こうしてならべると ますますたのしい。


ちょっと最近は忙しくしております。
おいこみなんだなー これが。
[PR]
金箔を巻き込んだビーズ、ゴールドサンドビーズ作りの午後。

d0166614_0244233.jpg


下地に金箔をくるっと巻き取り、クリアガラスをまたくるっと巻き取る。
金箔を切るところから始まって、すべてにおいて
非常に地味で単調な作業です。
そのくせ集中力は必要。
そしてなにより、量産できない。生産時間の割に個数は少ない!Oh!

でもこれが無いと締まらないジュエリーの制作。
1.2や1.5mmの芯棒に
非常にもろい離型剤(芯棒に塗るもの。ガラスはステンレスに直接巻かず、離型剤の上に巻きます)で 
こつこつ こつこつ 巻き取り、ひとつづつ作っています。

いい加減にすると、すぐに棒からはずれたり、金箔がよれたり。
単調なのに超集中。
なんか、もう、行〈ぎょう〉に近い気がします。


ものすごく楽しい日もあります。
すいすいくるくる 作られる日。
昨日はちょっと集中力が足りなかった。
点打ちの玉が最近たのしくてもっと作りたいのを曲げてつくってたからだ きっと。







余談ですが 友人に「眠くなったら歌いながら作業する」事を進められたので
なにを歌おうか悩んで、
シャーリー・バッシーの「ゴールドフィンガー」と
百恵ちゃんの「イミテーション・ゴールド」を
歌いました。
…ゴ―――――ルドフィンガー~のあとは、ほにゃにゃにゃーにゃーにゃー♪としか
歌えませんが(歌詞をよくしらないので)

歌うと
作業の手がとまってしまう。作業に気をとられると歌が止まってしまう。
意外と単純な作りのわたくしなのでした。
[PR]
おすもうさんの体脂肪は 見た目よりずっと低いそうですよ…。

d0166614_17485514.jpg


「どすこす」の玉 と名付けたシリーズです。
この玉は 頭があまりにも大きくなっちゃったので 没 の玉。
いくらなんでもやりすぎちゃいました。
そして点打ちが美しくなかったので それも 没 の理由。

点打ちのきらびやかな装飾と ぽってりおすもうさん。
なんじゃこりゃ… と、
力が抜けるものを作りたいと 思ううちに
こうなりました。
初夏をむかえるちょっと前だったでしょうか。

今 私のできる仕事を全部注ぎ込んで
なんの主張もなく なんのメッセージ性もなく
見た人の全身の力が抜けて腰が砕けるような物を、つくりたかったのでした。
「あはは なんじゃこりゃ あはは」と。


これからも
もっと豪華に麗しくあんこ型に、とんぼ玉としても美しく
しあげていきたいです。
そして 誰かのツボにはいりたい!!
[PR]
神社の桜の枝を折って帰り
母にこっぴどく怒られたのは 
いったい何歳の頃のことだろか。

d0166614_2182193.jpg


毎日朝から晩まで働いている母に、見事に咲いた桜を見せたかったのです。
とはいえ正しいしつけです 公共の場の花を摘んではいけません。
そして桜の枝は切ってはいけません。

d0166614_2111859.jpg


納品の途中で 足羽川沿いの桜並木をあるいてきました。
今日は寒かったなぁ。そして曇ってました。
少々葉桜の兆し。
すれ違うのはちびっことおかあさん、老いたお父さんと娘さん、
若い男女、若い女女、ひとりでカメラカメラカメラ。
それぞれに桜をたのしんでおられました。

子供のころに見た桜って
もっと、もこもこしていた気がするんですが、どうでしょう?
もっとこう、さくらいろの塊になっていた気がするんですが、おもいちがいかな。
ソメイヨシノの寿命60年説もイマイチ信憑性がないといいます。
…でも もっとみっちり隙間なく咲いていた気がするんだよなー。

d0166614_21254196.jpg


赤ちゃんをおんぶしたおかあさんが 舞いおちる桜の花びらを
ほうきではきとっておられました。
おかあさんお背中で、斜め上を見上げるあかちゃん。
咲いている桜を見ていたのかな?
舞い散る桜を見ていたのかな?



16年前、桜の舞い散る中での祖父の葬儀に
送られてきた戦友の手紙には良寛さんの短歌が添えられていました。

「散る桜 残る桜も 散る桜」

桜には
咲いて散るまでに たくさんの物語が
人それぞれにあるように思います。
他の花にはないことのように思います。


誰かの咲いた桜の思い出と だれかの散った桜の思い出が
交錯する季節ですね。
[PR]
福井は桜が満開です。
この数日、お仕事に背中を押されゆく手を阻まれ
相当おいこまれております。
当然花見など。花見など! 嗚呼!!
おうちと仕事場を往復する道中、三国の堤防沿いの桜をチラ見しております。

でもいいの!!
お仕事たのしいから!!
お相撲さんのモザイク玉をつくっているから!!
VIVA! あんこ型!!


春 おすきですか?
私は だんだん好きになりました。おとなになったからです きっと。
ここ数年は無抵抗に
春の寂寥感とうきうき感のないまぜになった、もったりした空気に飲まれております。
桜だ――― あったかいぜ――― 
春って楽しい。春ってうれしい。これでもかと春を謳歌しています。

と、思っておたら
満を持して…いたわけではありませんが 件の花粉症デビュー。
デビューの日からしばらくは、くしゃみがとまらず、目がチカチカごろごろし、
全身の水分が鼻水になったのかと驚愕するほどの泉っぷりに
これからの人生の春に、うっすら絶望したものでした。


「露とおち露と消えにし我が身かな なにわのことも夢のまた夢」

うすぐらい部屋の片隅で、鼻水の露を落とし、くしゃみ連発しながら、
そんな豊臣秀吉の辞世の句のひとつも
うっすら頭をかすめたものです。



とはいえ、時々くしゃみを連発するものの
毎日のヨーグルトと、べにふうき茶と、花粉ガードEXとが効いているのか
このごろは症状はだいぶ抑えられております。
それとも花粉はおさまって来たの?
このまま小康状態というわけにはいかないもんですかね…
このまま一年、ヨーグルトとべにふうき茶を摂取して見ようと思います。
あとは何だ?何がいいのだ??

あきらめないわ。



明日は納品に出かけるので、
桜を見られたらいいなぁ。
ちょっと足羽川の堤防沿いによれたらいいなぁ。

 
[PR]
薄い薄い タンブラー。
いわゆる「うすはり」の薄さですが 「松徳硝子」さんのとはちがうようなので
薄いグラス という表記にしておきましょう。

d0166614_20535020.jpg


写真は斜め上からとっているので
ひろがって見えますが
すとーんと 筒型で、表面に縦線の模様がはいっています。
九州旅行中、大分で、ふらっと立ち寄った和食器屋さんで買い求めました。
ほそいほそい華奢なタテのラインが
たいへんすっきりとして潔い。


この超うすいグラスは
唇にさわる感じに抵抗が無いのと、たいへんのどごしが良いように感じるので
ビールか微炭酸のお酒用 と決めております。
その時にしか出番はありません。


ふだんつかっているタナカマナブさんの、
持ち手のないひとつのカップは 逆に使い倒しています。
ちょうどそばちょこのような形の、梨の灰をつかった釉薬のカップ、
朝はお茶を飲み、コーヒーを飲み、
お昼にはうどんのつゆを入れ、
おやつにヨーグルトをたっぷり入れてみかんソースをかけ、
夜には和え物を盛りつけます。
泡の出ないお酒も飲みます。
気が向いたらお花も挿します。

器ってたのしい。
たったひとつを使って使って使い倒すのも
とっておきのものと決めてひとつの役割にだけ活躍してもらうのも
簡単に買ったものではないので 使うたびに「うふふ よっしゃよっしゃ」という
気持ちになります(いつも購入するまで超迷う)。
コアグラス器は熱に弱いので、基本的に冷酒用の粋をでられません。
陶磁器の人ってちょっとうらやましいですね
そういうものを提供できるのだから。


いつか何世紀も前の陶片とかを、さりがなくつかえるオトナになりたいものです。
珍味のせたり。花をかざったり。
かっこいいですね そういうオトナ。
[PR]
4月のオノマトペ お越しくださった皆様
今月は(または遠くて)いけないけど、がんばれーと エールを下さった皆様
ありがとうございました!

あいかわらず まったりはじまったギャルリ・オノマトペ、
今年もよろしくお願いします。


********


朝も6時前に起きて活動していると
仕事に向かう前にもなったら
ちょっと一息ついても見たくなります。うふふ。

d0166614_23315346.jpg


Gさんにいただいた 手作りクッキー。
三角形のざっくりした形が簡潔でありながら
なんだかかわいい。
「あたし三角だけど、なにか問題でも?」堂々としたもんである。
かりこりの歯ごたえ、控えめな甘さ。コーヒーにあうことあうこと。

さらに2杯目。うふふふふ。

d0166614_23344170.jpg


我慢できなくて 朝だということを言い訳に
マフィン投下。
Kちゃんにいただいた てづくりマフィン。
ほどよい大きさのマフィン、おいもがはいってるぅぅ!
さつまいものやさしい甘さ。コーヒーにあうことあうこと。

てづくりおやつって 楽しくておいしい。
リッチなクリームや 発酵バターたっぷりの
パティシエの焼き菓子たちも魅力的だけど
友人に差し入れてもらったおやつには
味わう楽しさと 喜びがあるように思う。
ザクザク、かりこりっ、
たのしい歯ごたえや
噛むたびに
じわーっとひろがる甘さや、
ゴマがはじけるあじわいや、
そういうのをひとつひとつさぐりながらかみしめるのが
とても楽しい。
作ってる時、こんなことがあってね とか
ちょっと甘さがたりなかったかなぁ?とか
そういう話を思い出しながら
食べるのも ちょっとたのしい。

作って、さりげないけど丁寧に包んで、ちょっとかわいいテープでとめられた
マフィンとクッキー、ふたつのおやつ。
ありがとう
おいしくいただきました。


明日のお茶の時間も楽しみです。
[PR]