友人夫婦がオランダにひっこし、1カ月になろうとしています。
それまでオランダに関してなど、
「風車すげーまわってる」と「チューリップすげー育ってる」くらいの知識しかなく(ヒドイ!)、
あまりにも未知の国でした。
しかしながら、大切な友人たちが暮らしていると思うから、耳が敏感にキャッチするのでしょうか、
この1カ月やたらとオランダの話を聞くのです。
フェルメールが住んでいたり、
エコ大国だったり、
過去10年よりこの1カ月のオランダ情報量のほうが
きっと多いはず。
今週はオランダのベアトリック女王の誕生日に「オレンジ祭り」とやらが執り行われ
アムステルダムの町がオレンジ色の衣服やかつらを付けた人たちで
オレンジ色に染まる事をしりました。
(FMで放送中の木村多江の「サウンド・ライブラリー」というラジオドラマにて)


見れば見るほど、聞けば聞くほど、
古くて美しい国のようです。静かな町のようです。
安心しています。
きっと町の空気になじんでゆけるのだと思います。
バターとワインとチーズを大量に摂取し横に広がっていくのだと。。。いかんいかん

そこにはうつくしい吹きガラスはあるのかな?
2人が好きなうつくしいガラスがあれば、いいのだけど。

わたしも2人がいる間に遊びに行こうと思っています。
[PR]