奈良工藝館内・あぜまめさんで今年も行われました
ランプワーク展2018
10日までで無事おわりました。
お越しくださった皆様、ありがとうございました。
ひさしぶりにお会いできたあの方、1年ぶりの再開に歓喜した作家さん方、
とてもとても充実した時間でした。
うれしかったです。

こちらのグループ展の準備中は、いろんなことがありました。
受け入れがたいことでした。
 
奈良でたくさんの人と会い、話し、
いろんなことを受け入れて、大事にして、
炎と向き合おう、と心を新たにしました。
本当に皆様、ありがとうございました。



7月29日の夕暮れ、
日中の晴天がいまだ残った空を背に、山の稜線が虹色に美しく輝いているのを見ました。
雨なんてもうずっと降ってませんが、
まさに溽暑、じょくしょとはひどく蒸し暑いことを指す夏の季語だそうです、
空気中の水蒸気によってそれが見えたのでしょう。
夕暮れ色に染まっていく空に、
虹色も徐々に溶けていきました。
ほんの短い時間でした。

リッキー・リー・ジョーンズの歌に
「虹のたもと」(Rainbow Sleeves)というわかれの曲があり
久しぶりに聴きました。
別れの曲ですが
希望を込めた曲でもあります。
やさしいやさしい、
虹色の玉をつくってみたくなりました。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
[PR]